FC2ブログ

Blog Top > 2008年07月

2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

アジア選手権結果速報!

皆さん、お待たせしました!我らが下田選手が香港で開催されたアジア選手権を終え、帰国いたしました同行したスタッフによる生レポートです

『7月19日、東京で待望の梅雨明けが発表されたころ、少し離れた香港で2008年アジアボディビル選手権大会が開催されました。当社スタッフが応援のために同行しましたが、香港の蒸し暑さは日本の梅雨が恋しくなるほどでした。
今大会は、下田選手が当社に所属して初めてのボディビル大会です。下田選手が日本代表として出場するのは85kg級。この階級はアジアの国々でも最も層が厚く、厳しい戦いになることが予想されました。
一日目のプレジャッジ(予選)では、規定ポーズの比較審査によってファイナル進出者を8人から6人まで絞ります。下田選手は若干の調整をミスしてしまったようですが、アジアの強豪の中でも存在感を発揮していました。しかしながら、ボディビルはその力強い見た目からは想像できないくらい繊細なスポーツです。このレベルになると少しの調整ミス・表現ミスが結果を大きく左右します。予選通過は果たしましたが、後日のファイナルに影響しないか一抹の不安が残りました。
二日目のファイナルではフリーポーズ(曲に合わせた自由演技)と規定ポーズの比較審査が行われました。フリーポーズでは下田選手らしい繊細かつダイナミックな構成で、聴衆を魅了し、比較審査では、前日よりも調子を上げてきたようで肩・腕の大きさは他選手を圧倒していました。日本から駆けつけた私達以外からも、下田選手への声援がありました。
そしていよいよ結果発表。アジア各国の選手・応援団に緊張が走る瞬間です。結果はメダル一歩手前の四位でした。
アジア下田選手シモダ選手
今大会に出場している男子日本代表の中で最高順位でしたが、下田選手は決して結果に満足していませんでした。表彰式での悔しそうな表情がそれを物語っていました。
下田選手にとって今回の結果は悔しいものでありましたが、世界での経験が少ない下田選手にとって、貴重な経験となったのではないでしょうか。試合後外国のファンやプレスから写真を求められるなど、少しずつ“世界の下田”に近づいてきているのかもしれません。
次は10月5日の日本ボディビル選手権です。優勝に向けて下田選手は頑張り続けます。これからも下田選手の応援をよろしくお願いいたします!』

では、下田選手から一言!
『今回の結果は満足できるものではありませんでした。しかし今後の課題がはっきりと見え、良い勉強になりました。10月に開催される日本選手権では、今回の経験を活かして完璧な仕上がりで臨みたいです。日本選手権では必ず勝ちます!引き続き応援よろしくお願いします!』

設計担当者が語る「アール・ケータウン東戸塚Ⅵ」のコンセプト。

みなさんこんにちは、ロッコです
ロッコの似顔絵が変わりました
この似顔絵、実は同期のT社員が書いてくれています。
こっそり撮った写真を見ながら真剣な眼差しで書いてくれてます
口は笑っているのに目が笑ってない所なんかがかなり似ていると思います

さて今回は、当社で建築予定で、グループ会社のケイアール㈱横浜支店が現在販売している「アール・ケータウン東戸塚Ⅵ」について、設計を担当した設計室のW係長にどのようなコンセプトで設計を手がけたのかを聞きました

W係長談

「ここRKT東戸塚Ⅵの建つ場所は、旧東海道に面した静かで緑豊かな丘です。その丘の中にできる分譲地ということで、少しでも自然を身近に感じられるように外部と内部の繋がりを意識しました。パティオ(中庭)を配し、風の通る家、住む方が休日を家で楽しく過ごせたら…そんな住宅を意識して設計しました。
大変な家事を少しでも楽にできるように動線を短く、また、安心して過ごせるようセキュリティーにも配慮した造りとなっています。さらに、お子様とのコミュニケーションを大切にできるようにダイニングで学習ができるカウンター、リビング階段を設け、“家族の夢が膨らむ楽しい家にしたい”そんな気持ちを込めて図面を書かせて頂きました。」

平戸パース



※実際の建物とは異なる場合がございます。




六国建設では、戸建て分譲のRKT(アールケータウン)シリーズを戸塚区を中心に随時建築する予定です。それぞれの土地に合った住宅を設計・建築していきたいと考えます。販売等の情報については、ケイアール㈱横浜支店のホームページと、こちらのブログで随時ご案内していきますので、お楽しみに

Blog Top > 2008年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。